アドレスV125SリミテッドにUSB電源とBNV-1のクレードルを設置した

アドレスV125sの電源をとる方法

最近は乗りやすく長距離も走れてしまい、二人乗りも問題なくできてしまうためStreet Triple RSよりも圧倒的にアドレスv125Sにばかり乗っています。アドレスV125Sは取締110番.comさんの記事を参考にすでにUSB電源をとっていますが、2口の電源でドライブレコーダーで常時1口使っていてスマホを充電すると埋まってしまうためさらにもう1つ増設することにしました。

電源の取り方は基本的に取締110番.comさんの記事の中のカプラーを自作してとる方法ですでにとっています。なので今回は前面カウルを外してカプラーからの電源にギボシ端子のY字接続コネクタを増設してナビのクレードルの電源とUSB電源の電源の2つを既設のハンドルバーのところに引き出してカウルを戻して終了という手順です。

前面カウルを外す

前面カウルは車体前面のカウルの中央部に3つのねじがあり、カウルの背面(コンビニフックの左右の上と下)に4つのねじがあり、さらに前面か売るの最下部の左右にねじではなくピンが2つで止まっています。まずはこれらを外してカウルを外していきます。

IMG 1447

IMG 1448

IMG 1449

カウルはねじだけでなく爪で固定されています。今回は私は手でゆっくりと力をかけて引っ張って外しましたが、車の内装剥がしを使うと楽に取り外せると思います。最初に電源をとるときには私はダイソーにうっている塗料を引きのばす道具を使って代用しました。

マイナスはバッテリーのマイナス端子に接続

一般的に車体のフレームにマイナス端子を接続するとマイナス線がとれることが多いのですが、私の場合にはハンドルロックをしたときにかかるセキュリティが動かなくなってしまうためバッテリーのマイナス端子まで本体下部に配線を通してバッテリーに直接接続しています。

バッテリーを外す場合にはマイナス端子(黒線)から外して、その後にプラス(赤)を外します。接続する場合にはその反対で、プラス(赤線)を先に接続して、マイナス(黒線)を後に外します。外す順番を間違えるとショートして発火などの原因となるため注意して行ってください。

ケーブルを引き込む

ナビのケーブルが思いの外太く、さらにUSB電源のケーブルが2つ分あるためかなり引き込むためのケーブルが太くなってしまっています。引き込むためにいい方法はないか考えて探したところ右のハンドルの付け根部分にちょうどいい穴があったためここを使うことにしました。

IMG 1462

こちらの写真の赤丸で囲んだ部分にちょうど穴が開いています。ヘッドライトのカウルの部分になっているのですが少し穴に指を入れて引っ張ると簡単にケーブルを引き込むことができたため外さずにケーブルを引き込みました。

ナビをマウントで固定

接続がいったん完了したらナビやUSB電源に電気が通っているかキーをオンにまわして確認します。問題なく電源がとれていればナビや電源を固定します。

私はデイトなのバーを増設するキットを使用して固定しています。ナビの固定位置は左側に設置するのが使いやすいのかなと思いました。なぜなら右手はアクセルで常時ふさがっていることが多いためです。

元通りに前面カウルを戻す

ナビや電源の固定ができたらもう一度本当に電源がとれているか確認します。またウィンカー、警笛、盗難防止装置が正しく動作するか確認後に前面カウルを外したときと逆の手順で取り付けます。

終了後は正しく動くか確認

前面カウルを取り付けた後はもう一度ウィンカー、警笛、盗難防止装置が正しく動作するか確認します。またナビのマウントの位置や正しく固定されているか確認します。また前面カウルを固定しているねじ類なども緩みがないか確認します。

以上で増設の手順は完了です。おつかれさまでした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする